控えめなライダーにも訪れてしまう梅雨の季節の過ごし方

梅雨時期のバイク乗り

バイク乗りにも差別無く公平に訪れる梅雨ですが、雨降りが続くとどうしてもバイクからは遠ざかってしまいがちです。

雨降りで乗れない日の過ごし方

雨降りの日にライダーはどう過ごせば良いかと言ったら、真のバイク好きからは「雨だと乗らないのか?」と不思議がられるかもしれません。

逆に、バイクが機械(マシン)として好きだからこそ雨の日は動かしたくない、雨水にさらしたくないんだという方も少なくないと思われます。

どちらかというと後者のほうが控えめなライダーと言って良いでしょうか、私もそちらの部類ですので雨の日乗らないライダー目線で今回は話を進めていきたいと思います。

工具箱の整理をする

今シーズンに入る前に、バッテリーの充電とシートの張り替えを行い、シーズンに入ってからはエアバルブの交換とベアリングのメンテナンスを同時にやっていました。

どちらも時間がかかる作業で、パーツを買い揃えたりの前準備があって作業が終わってからは、直ぐに試走を行っています。

こんなときは、控えめライダーも乗れなかった時間を挽回するかのように「バイクは乗ってナンボ」とばかり走ることに専念します。

そんなことから、工具箱の中身は油が混じった埃だらけ、しかもバイクと関係ない他のジャンルの工具も入りっぱなし。

まさに自己メンテナンス派ライダーにありがちな状態ではないでしょうか。

雨でバイクに乗れない日は、そんな工具箱(ツールボックス)の整理に持ってこいです。

ヘルメットのシールドを磨く

バイク用のヘルメットは、走行のたびに小さな虫などが付いたりして汚れてしまいます。

バイク好きでこれを放置する方は少ないと思いますが、自分はなかなか手入れできてません。

休みの日に好きなだけ走り込んだあとは、家に帰ってからヘルメットは置きっぱなし。

次にバイクに乗るときになって、「あぁ~汚れてた」の繰り返し。

あまりに放置がすぎると、内側まで汚れがたまることがあるので乗れない日には小傷のチェックを含めて念入りに拭いてやれば、天候が回復してから気分爽快に走り出せることでしょう。

ドライブチェーンに注油

汚れたバイクのチェーン

梅雨の時期は、大方のバイク乗りがツーリングを楽しんだGWを過ぎてしばらく経ってから訪れます。

春先にチェーンのメンテナンスを済ませていても、雨で乗れないだけにドライブチェーンへ注油を怠りがちです。

いざ乗り出したいときに、慌てて注油することにならないよう時間をみてメンテナンスをしておきたいものです。

次の休みには梅雨の晴れ間が現れると信じて手入れをしておきましょう。

梅雨の時季には避けたいこと

バイクのメンテナンスのことでよく耳にするのが、ブレーキフルードは吸湿性が高いので、雨の日や湿度の高い日は避けた方が良いということ。

ブレーキフルードは油じゃないなどとも聞きますし、どこか得体の知れない液体であるのは間違いないようです。

湿気がどれだけ悪影響なのか正直分かりかねますが、ブレーキの効きは具合は安全な走行に関わりますので、一般論に従ってこの時期の作業を避けておいたほうが無難でしょう。

梅雨が明ければ暑い夏

塗れたバイクのタイヤ

ここまで簡単なメンテナンスの話でしたが、正直なところ梅雨だからと車両のメンテナンスに気遣うより、趣味や好奇心でバイクを買ってしまう人は、雨の日の時間の過ごし方などに困らないアクティブな方が多いのではないでしょうか。

長い梅雨も明けてしまえば、ヘルメットの中が汗だくになるほどの暑い夏が待っています。

そんな猛暑の日でもバイクに跨がってしまえば平気なのがバイク好きな者の長所(?)。

夏のツーリングに向けて、少しの雨上がりの時間をみはからって一度バイクのエンジンをかけておくのだけは忘れないようにしたいです。

最後に、梅雨など関係ないよとおっしゃるバイク便の方、フードデリバリーの方ご苦労様です。

雨風関係なくバイクを仕事に使っちゃう熱意に敬意を表したいと思います。