CB400SSはホンダが手掛けた空冷単気筒バイクの完成形

初秋の木漏れ日とバイク

ホンダはバイクメーカーとして、オンロードタイプの400cc単気筒車を売ることに興味がなかったのではと確信できる時期がありました。

バイクブームが盛り上がりを見せた80年代あたりがその時期で、ブームが過ぎ去りようやく単気筒の市販に触手が動き出したころに世に送り出されたのがCL400であり、その後継モデルがCB400SSだと考えるのが最も納得がいくところです。

空冷単気筒として選ぶCB400SS

バイクの性能が進化した時代に、あえて空冷の単気筒エンジンを積んだマシンを選ぶ理由は多くはありません。

シングルエンジンを積んだバイクのほとんどは細くスタイリッシュな見た目に仕上がっています。

その無駄のないシンプルなスタイルの中にバイクの楽しさだけは無駄なく詰まっていることが理解できるようになると、もうそれしか選べなくなってしまうのが単気筒乗りの本音です。

ただ、現行モデルとしてGB350があって、中古バイクを選ぶうえでも数的にSR400が他を圧倒しているなかで、あえてCB400SS(お勧めはセル付き)を積極的に選ぶ理由はありません。

強いて言うなら、4バルブエンジンを積んでいること、ホンダのバイクであるということ、それから車体のシルエットはSRを意識しているのが否めませんが、後発で2番煎じなこともあってそのデザイン的な部分はいささかずるい感じがするもののCB400SSが若干上回っているように見えます。

気分は単気筒CB400SS

また、CB400SSは年代的に広くいるHONDAファンの中では影が薄い面もあるようで、たまに「何このバイクCBなの?」と聞かれることがあって、そんなときに「シングルエンジンを積んだCBだよ」という話を面白ろおかしく話せる点は、発売当初と異なり話題性を備えたバイクとして存在感を得てきています。

GB350の排気量が400ccではなく350ccに抑えられたことは、CB400SSはホンダの400cc単気筒モデル(オンロードモデル)の歴史では最高域に達した唯一のバイクであったと言えるでしょう。

それから、CB400SSユーザーの中では当初、エンジンの出力が抑えられていたことに不満を持つ声が多くありましたが、これは環境面に配慮した時代の流れなどから避けれれなかった部分と受け取れます。

しかし、この低評価だった最高出力はSRとの比較では充分上回っていて、何より空冷単気筒車の最高のメリットである車体の軽さにおいては250cc並みの車重に抑えられていて、今でも他の400ccバイクを圧倒する軽さを誇っています。

CB400SS諸元(2003年セルなしモデル)

形式BC-NC41
長さ2165mm
780mm
高さ1,125mm
軸距1,405mm
原動機種類4サイクル/0.397L
車両重量153kg
タイヤサイズ(前輪)100/90-19 57S
タイヤサイズ(後輪)110/90-18 61S
最低地上高160mm
燃料消費率39.0km/L(60km/h走行時)
最小回転半径2.5m
圧縮比8.8
最高出力21kW(29PS)/7,000rpm
最大トルク31N・m(3.2kg・m)5,500rpm
燃料タンク量11L
点火形式CDI式 バッテリー点火
点火時期BTDC7°/1,300rpm
アイドリング回転数1,300rpm
点火プラグNGK DPR8Z
DENSO X24GPR-U
バッテリー12V-2.3Ah
減速比2.826
クラッチ形式湿式多板コイルスプリング
変速機形式常時噛合式
変速比1速:2.615
2速:1.789
3速:1.350
4速:1.076
5速:1.925
第一減速比2.333

乗っていて特に不満はないバイクですが、たまにセルスイッチが欲しくなるのは10年以上乗り続けている今でも同じです。

タイヤ交換時のチューブの入れ替えに苦戦しますが、そんなこともCB400SSに乗る者として話題性の一つかなと思えるようになりました。

おすすめ記事

400CC単気筒エンジンなんちゃってSRなバイクCB400SSCB400SSのキックアームキックスタートあるあるCB400SSのカスタムCB400SSカスタム履歴CB400SSの単気筒エンジン整備性が良いのが単気筒バイクのイイところ10年乗り続けたCB400SS10年乗り続けたバイクCB400SS