サイト内には広告があります

大型二輪免許の取得で250ccバイクへの評価と価値観はどう変わる

パワーがある大型バイク

2年に1度の車検を受ける必要がなく、そこそこ安定した走りが楽しめるのが排気量が250ccであるバイクのメリットです。

エンジン形式や車両のスタイルも多様なモデルが存在していて選びやすく見る側を飽きさせないことも250ccが好まれる理由と言って良いでしょう。

大型バイクに乗り始めて分かること

昔、大型二輪の免許を取得するため教習所に通っていた頃に250ccのバイクに乗っていました。

違和感を感じたのは教習が開始されて数日経過したあたりです。

大型バイクで1時間教習を受けた後に自宅へ帰り自分のバイクに乗ると、その車両感覚が原付とほぼ同じに感じられるのです。

タンクの大きさから車体の安定感に至るまで、本来50cccの原付バイクとは全く次元が違う乗り味であるはずの250ccが同等に感じられます。

その後、教習の課程を全て終え免許が取得できてからは大型に乗り換えてしまったため、そのとき感じていた250ccへのイメージは今も変わらぬままになってしまいました。

大型バイクの特別な乗り味

パワーがある大型バイク

本来250ccのバイクは原付より安定していて乗りやすく感じられる排気量区分です。

この中型バイクを華奢に感じてしまうのは、大型バイクに乗ったことがある方には分かってもらえるかといった部分で、経験はなくても排気量や車重を考えれば当然だとおっしゃる方もおられるでしょう。

大型バイクが持つ排気量の差が体感に現れる事例(大排気量だとこんな感じ)としては次のことがあります。

  • スロットルを開けなくてもアイドリングのままクラッチを繋いで発進可能
  • 停止状態からトップギアで発進できる
  • スタートからスロットル全開でヘルメットの後ろに隙間が出来そう

一番最後のヘルメットの話は大げさに言えばということですが、体感的にバイクだけが先に行ってしまい体が置いていかれるコメディー漫画の1コマのようなシーンが本当にありそうな気にさせられるのが大型バイクのスペックです。

軽すぎる訳ではない250cc

小柄な250ccバイク

一度大型の免許を取得できれば扱える排気量が増える分、相対的に250ccに置かれていた評価のウエイトが別の領域に分散されるのは否定できないでしょう。

そうは言っても、全てのバイク乗りの方が大排気量に触手が動くかというとそうではなく、その評価や求められる性能は絶対的なものではありません。

もっとも大型によらず小型を含めた二輪の免許そのものが一般的には特殊なものとも考えられます。

250ccは特別華奢で軽すぎるバイクではなく性能的にはいたって並みなバイクであると判断して間違いないでしょう。

あらためて250ccのメリットを追求

ネットの情報を見れば今でも250ccの4気筒モデルの人気は根強いようで、限られた現行モデルから既に絶版になったモデルまで引き合いに出されて話題が盛りだくさんのようです。

特定のバイク好きの方には高回転というキーワードと甲高い排気音が実に刺さりまくるようです。

以前にここでアップした記事に、250ccの4気筒は乗りづらいと書いていましたが自分に合ったバイクを探すのには数多くの種類のバイクに乗ってみるのが一番で、そこに250ccの4気筒は欠かせない存在でもあることでしょう。

そんなことから250ccバイクのメリットを今一度洗い出してみることにします。

多くのバイク乗りに語られる一般的なメリットは次の通り

  • 軽くて取り回しが良く燃費がいい
  • 原付と違い高速道路を走れる(その気になれば・・)
  • 400ccと違い車検がない

最後の車検がないことについては、整備を怠りがちだとか様々な意見がありますが、生活スタイルや家庭内で置かれた立場では車検の手数料も出せないシーンは長い人生の中であり得ることです。

そんなとき、250ccという排気量のバイクは最も理想的なバイクになるでしょう。

しかし、この車検がないというのは整備がされないかはさておき、どちらかというと放置されがちなところも問題です。

車検がないので、保険が切れたとしても保険に加入すれば簡単に何時でも乗れるだろうという安心感が長期間の放置に原因になり、民家の軒先やアパートの駐輪場に放置したままのバイクに250ccが多いのはそうした事情もあってのことかと思われます。

少し話はそれましたが、比較対象を大型バイクに絞ったときの250ccが持つメリットというのも少しばかりあります。

分かりやすいところでは「立ちコケしても損傷が少ない」、「タイヤが安い」などがあります。

大型バイクは1コケ10万とか言われることがあって、横倒しになっただけで車重によりパーツが損傷することが珍しくありません。

その点、250なら普通に倒してしまっただけなら、ペダルやレバーが変形したり折れたりといったことは少ないでしょう。

タイヤについては車種や車両タイプに依存するので実際にはそんなに安くないよという方もおられるかもしれませんが、一般的に太く大きなタイヤほど値段が高くなる傾向にあることを考えると消耗品的な支出をおさえられるメリットが250ccにはあると言えるでしょう。

おすすめ記事

駐輪場が気軽に使えるバイク バイクで出かける気ままな旅のメリットだけをあげてみる スズキGSX1100SKATANA 単気筒に乗ってるけど4気筒のことを深く掘り下げた話をしよう ハーレーのV型エンジン 単気筒乗りから見るハーレーダビットソンの魅力