ドライサンプエンジンのオイル交換作業【CB400SS】

空冷単気筒のオイル交換作業

CB400SSのオイル交換の様子を写真にとってみました。

このバイクはエンジンオイルの潤滑にドライサンプ方式を採用していて、交換の際にはドレンパンとオイルタンクの2か所からオイルを排出しなければなりません。
注ぎ口もサイドカバーの中に隠れていたりと一般的な車両に比べ特徴的です。

準備するもの

交換作業に必要なものは次の通りです

  • エンジンオイル
  • 廃油処理パック等
  • ドレンパッキン
  • 工具(12mmのスパナなど)
  • ウェス・パーツクリーナーなどの消耗品

オイル交換の手順

手間が一つ多いだけで普通のオイル交換と同じで簡単です。ただオイルを抜く場所は覚えておかないと迷います。

ドレンパンからオイルを抜く

ドレンパンからオイルを抜く

これはウエットサンプのエンジンと要領が同じです。

オイルタンクからオイルを抜く

オイルタンクからの排出

エンジン下のボルトが3つ横に並んでいるところの真ん中がオイル排出用のドレンプラグになります。
ここからも抜きます。

オイルフィラーキャップを緩める

オイルレベルゲージ

オイルの注入口は右サイドカバーの中に隠れています。オイルが抜けやすいように最初から開けておきたいところですが、ごみが入るのを避けたいので先に緩めておいてオイルの排出がある程度済んでから最終段階で開けました。

オイルフィルターも交換

CB400SSオイルフィルターの場所

オイルフィルターを外したところ

オイルフィルターのカバー

フィルターのカバーとOリング

オイルフィルターもエンジンの右側になります。フィルターまで交換した場合のオイル量は1.8Lです(単気筒エンジンは少なくてありがたい)。

ドレンプラグをもとに戻す

ドレンボルトとパッキン

左のパッキンが使用済み右側が新しいもの

パッキン(ドレンワッシャー)を新しいものと交換し、ボルトをもとに戻します。

エンジンオイルを注入する

新しいエンジンオイルを注入

規定量を計ったオイルをゆっくり注入します。

方法はこちらのページと同じです。
参照:原付Apeにモチュール【MOTUL5100】10W40オイルを入れてみる

交換作業が終了したら試運転と確認

最後に注入口のキャップを閉め数分暖機運転をしてからゲージでオイル量の確認をします。

CB400SSの場合、オイル量を確認してもなかなか丁度良いレベルにならないことが多いので、平らな場所でしっかり抜ききって入れる量もちゃんと計れば安心のようです。

次回のオイル交換のために、オドメーターは忘れずにチェックしておきましょう。

【オイル交換関連】
中古車についてたドレンパッキンホンダ用オイルドレンワッシャー(パッキン)は別のもので代用できるかパック入りオイルを注ぐパウチタイプの容器に入ったエンジンオイル【10W-40:MaxFactory】エイプのオイル交換に使用中バイクのオイル交換で漏斗(じょうご)の代用品として使えるもの