俺のエイプはイエローナンバー【82ccボアアップ】

エイプのボアアップ車

このブログに書いてあるHONDAエイプに関する記事は、以前に別のブログに掲載していたものを移転してきたものです。

納車は2007年5月19日で走行距離が6123kmの中古車でした。

当時の車両なのでキャブレター車納車時の簡単な仕様は次の通りです。

HONDA Ape50(ボアアップ)AC-16

納車当時のエイプ

82ccボアアップ(シリンダーにキタコ刻印)
なんちゃってPC18キャブ(詳細不明)
パワーフィルタ

ボアアップシリンダーの刻印

後で知りましたが、この組み合わせは当時南海部品で販売していた「ライトボアアップキット」と同じ仕様です。ということはスプロケットも交換済みでプラグも番手が上がっています。

50ccから82ccへ排気量アップなので黄色ナンバーで登録済み。

幅広なハンドル(トラッカー用?)とマフラーはスーパートラップを装備していてステップもカスタム済みでした。

フェンダーはアップのまま、サイドカバーなしでパワフィルむき出し、ミラーは右しか無くて、いきなりダート走っちゃってます。

このとき納車時に購入したもの

最初はこのようにマメにチェックしていました

キジマ サイレンサージョイント  945円
キジマ バーエンド       1,680円
キタコ EXガスケット XH-10    525円
ホームセンターで塩ビ管(エルボ)  68円 ←パワーフィルタ用
中古マフラー(キタコ)     6,270円
メーター用バルブ BA7S      250円
合計              9,738円

現在の仕様

エイプ現在の仕様

少し古い写真ですが現在もほぼ変わらない仕様のままです

その後ハンドル交換などをしましたが、もともとエイプのスタイルは気に入っていてほかにカスタムをするつもりもなく、年数が経ち距離も増してきた今では消耗品などに気を使っています。

【エイプボアアップ関連】
プラグの熱価ボアアップ車でプラグの熱価を変更【ホンダApe50→82ccでは】エイプのオイルポンプエイプ50ボアアップ【82cc】エンジンへ100cc用オイルポンプエイプにアナログ油温計を設置